株式会社サムシングファン

お問い合わせ無料 受付時間 平日10:00~19:00
東京:03-6261-5375
大阪:06-6455-3633

【2021年版】ライブ配信に強い大阪の映像制作会社10選

高速なインターネット回線の普及に伴い、手軽にライブ配信できる環境が整ったことで、さまざまな場面でライブ配信が活用されるようになりました。

新型コロナウイルスの影響で、個人だけではなく、企業が配信するケースも増えています。

しかし「どの会社に依頼すべきか迷う」「プラットフォームの選び方が分からない」という悩みを抱える方もいるでしょう。

この記事では、大阪でライブ配信会社を探している方のために、おすすめの10社をご紹介します。

ライブ配信を検討中の企業担当者様は、ぜひご覧ください。

おうちでできる簡単副業!ライバーになろう

ライブ配信に強い大阪の映像制作会社10選

ライブ配信に強い大阪の映像制作会社10選ライブ配信に強い大阪の映像制作会社を10社ご紹介します。

映像制作会社①サムシングファン

サムシングファン引用:サムシングファン

サムシングファンは、大阪と東京にオフィスを構える映像制作会社です。

インターネットライブ配信の企画から配信までトータルでサポート。

小規模なイベントから大規模な配信まで、ニーズに合わせたプランをご提案いたします。

プランニングやスタッフの手配、当日のオペレーションなど、配信に必要な作業の丸投げもOKです。

コンサートの配信や展示会、セミナーなど幅広い用途にご活用いただけます。

配信した映像はアーカイブとして残すことも可能です。

そのほか、サムシングファンはライバーマーケティングエージェンシーサービスも提供しています。

ライバーも多数所属しているので、インフルエンサーマーケティングを始めとするライブ配信を活用したプロモーションにおすすめです。

見積もりをご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

おうちでできる簡単副業!ライバーになろう

映像制作会社②音動

音動引用:音動

音動は大阪市にある制作会社で、映像だけではなく、グラフィックデザインやホームページなどの制作も手掛けています。

インターネットライブ配信サービスを提供しており、企業説明会やDJイベントなど、さまざまジャンルの配信も対応可能です。

YouTubeなどの大手動画配信プラットフォームを使用したオープンな配信に加えて、会社説明などのクローズドな配信も依頼できます。

WebサイトやSNSとの連携もサポートしているため、複数の媒体を組み合わせたプロモーションも可能です。

また、配信業務の支援やコンサルティングサービスも提供しています。

将来的に自社だけでライブ配信できる環境を整えたい方は、相談してみると良いでしょう。

映像制作会社③ビデオグラフィ

ビデオグラフィ引用:ビデオグラフィ

ビデオグラフィは、大阪のライブ配信代行サービスです。

セミナーや講演会などの有料動画の配信や会員限定の配信など、さまざま配信形態に対応しています。

ビジネス向けのライブ配信であれば、1時間あたり4万円から依頼できます。

また、YouTubeなどの無料で利用できるプラットフォームを活用した低価格プランも用意しているので、予算に合わせたライブ配信をが実現できます。

複数のプラットフォームへの同時配信にも対応しているため、幅広い視聴者層にアプローチできるでしょう。

映像制作会社④ヴァンズ凸

ヴァンズ凸引用:ヴァンズ凸

ヴァンズ凸は大阪市中央区にある会社です。

映像制作だけではなく、イベントの企画や運営も手掛けています。

ライブ配信サービスも提供しており、簡単な社内向けの配信から大規模なイベントまで、さまざま規模の配信に対応しています。

企業はもちろん、公共機関や教育機関向けのライブ配信の実績もあります。

YouTubeやニコニコ動画などのライブ配信プラットフォームに加えて、LINEやInstagramでの配信にも対応可能です。

SNSで映像を配信したい方は、相談してみると良いでしょう。

映像制作会社⑤ロケッツ

ロケッツ引用:ロケッツ

ロケッツは、大阪市西区にあるライブ配信・中継に特化した映像制作会社

年間200本を超えるインターネットライブ配信をこなす実績豊富な会社です。

インターネット回線の手配はもちろん、屋外電源の確保や大型機材の手配など、さまざまオプションを提供しています。

場所を選ばずライブ配信できる点が、ロケッツの強みと言えるでしょう。

USTREAMなどの動画配信プラットフォームを利用するプランのほか、複数の会場を中継でつなぐ「双方向中継プラン」も提供しています。

離れた会場同士でコミュニケーションをとる必要がある場合は、依頼を検討してみると良いでしょう。

映像制作会社⑥ラプレ

ラプレ引用:ラプレ

ラプレは大阪市中央区にある制作会社です。

映像制作のほか、音楽制作やCDの販売なども手掛けています。

業界最安水準のインターネットライブ配信プランを提供しています。

配信可能なプラットフォームはYouTubeとZoomがメインです。

ほかのプラットフォームでの配信を希望する場合は、別途確認する必要があります。

2台のカメラと音声機材、スタッフの費用をまとめて9万8,000円で依頼できます。

また、MCや芸能事務所とも提携しているため、司会や芸能人のキャスティングも可能です。

インターネットライブ配信のコストを抑えたい方は、候補に入れておくと良いでしょう。

映像制作会社⑦動画制作所

動画制作所引用:動画制作所

動画制作所は、大阪府八尾市にある映像制作会社です。

カメラ2台で配信する場合、9万8,000円から依頼できます。

また、大阪と奈良、京都、神戸であれば、基本的に出張費が無料です。

クローズド配信用サーバーを利用したライブ配信に対応しており、ドメイン制限やパスワードによるセキュリティ対策を施すこともできます。

パワーポイント画面の挿入もできるため講義やセミナー、製品発表など、ビジネス用途でのライブ配信を検討中の方におすすめです。

映像制作会社⑧日本パルス

日本パルス引用:日本パルス

日本パルスは、大阪府吹田市にある映像制作会社です。

年間150件以上のイベントを撮影しており、対応可能なイベントの種類も豊富です。

コンサートなどのエンタメ系のイベントのほか、医療系の学会や学校行事など、幅広いニーズに対応しています。

ライブ配信では、パスワードを設定して特定の視聴者にのみ配信することも可能です。

配信後のサポートが充実しており、必要な場合は、配信した映像をWeb配信用やDVDに残すこともできます。

撮影した映像をつなぐだけではなく、BGMの挿入やダイジェストの作成など、要望に合わせた編集が可能です。

配信した映像をアーカイブとして残したい場合は、依頼を検討してみると良いでしょう。

映像制作会社⑨キャップワークス

キャップワークス引用:キャップワークス

キャップワークスは、大阪市西区にある映像制作会社です。

PR動画やCM制作のほか、ライブ配信サービスも提供しています。

配信中は、フロアディレクターやアシスタントによるタイムキープやサポートを受けられるため、配信をスムーズに進行できるでしょう。

また、ライブ配信中にトラブルが起こらないように、入念にセッティングするほか、本番前には出演者への説明も兼ねてリハーサルを実施する場合もあります。

サポートが手厚いため、ライブ配信に不安がある方におすすめです。

映像制作会社⑩BALUE

BALUE引用:BALUE

BALUEは大阪市西区にある制作会社です。

Web向けの映像制作のほか、印刷物やノベルティのデザインなども手掛けています。

ライブ配信代行サービスも提供しており、ウェビナーやWeb番組、オンライン展示会などの配信をサポートしてくれます。

関東圏での出張配信のほか、機材・設備が整った自社スタジオでのライブ配信も可能です。

集客管理ツールの運用代行や配信用のオリジナル見出し、ビジュアル作成もオプションで用意されています。

集客を強化したい方や、ライブ配信のクオリティにこだわりたい方におすすめです。

ライブ配信のメリットや活用シーンを知りたい方は、こちらの記事もチェックしてみてください。

>>ライブ配信のメリットとは?活用シーンや人気のアプリをご紹介!

ライブ配信会社を比較する際のポイント

ライブ配信会社を比較するポイントご紹介したようにライブ配信会社には、それぞれ特徴があります。

会社選びで失敗しないためには、実績や対応しているライブ配信プラットフォームを確認しておくことが大切です。

ここからは、ライブ配信会社を比較する際のポイントについて解説します。

ポイント①ライブ配信の実績

ライブ配信会社を比較する際は、実績をチェックしましょう。

実績豊富な会社を選べば、配信中にトラブルが発生する可能性を下げられます。

例えば、製品の発表会を配信したいのであれば、同様の配信が多い会社がおすすめです。

また、ライブ配信会社の実績を見るときは、配信したイベントの規模も確認しておくことも大切です。

どの程度の来場者や視聴者が見込まれるのか、事前に試算しておくと実績を比較しやすくなります。

ポイント②対応可能なライブ配信プラットフォーム

対応可能なライブ配信プラットフォームも確認しましょう。

ライブ配信プラットフォームによって、視聴者層が異なります。

より多くの人に配信を見てもらうためには、ターゲット合わせたプラットフォームを選ぶことが重要です。

また、社内向けのライブ配信などの、クローズドな配信を予定しているのであれば、パスワード設定やアクセス制限に対応したプラットフォームが必要です。

あらかじめ、どのようなプラットフォームに対応しているのかをチェックしておきましょう。

ポイント③カメラ・スタッフの数

ライブ配信の費用は、主にカメラの台数やスタッフの人数によって変化します。

カメラの台数が多いほど、スタッフの人数も増えるためコストが高くなります。

特に大規模なイベントのライブ配信を予定している場合は、十分な機材やスタッフを揃えられるかを確認しておきましょう。

また、回線の手配がオプションになっている場合もあるので、回線の準備が必要な場合は併せて確認しておくことをおすすめします。

まとめ:大阪でライブ配信するならサムシングファン

まとめ:大阪でライブ配信するならサムシングファン大阪にあるライブ配信に強いおすすめの映像制作会社を10社ご紹介しました。

ライブ配信会社を選ぶ際には、実績や対応可能なプラットフォームを確認して、目的に合わせた会社を選ぶことが重要です。

まずはライブ配信の目的を明確にして、どのような形態で配信するのかある程度決めておきましょう。

サムシングファンでは、ニーズに合わせたライブ配信プランを提案しています。

大阪でライブ配信したい方は、お気軽にご相談ください。

また、サムシングファンでは現在、ライバーも募集しています。

ライブ配信に興味がある方は、ぜひご応募ください。

おうちでできる簡単副業!ライバーになろうホワイトペーパー無料ダウンロード

関連記事

東京オフィス

〒102-0074
東京都千代田区九段南3-1-1 久保寺ビル7階
TEL:03-6261-5375 / FAX:03-6261-5376

大阪オフィス営業開発部
(編集室・収録スタジオ完備)

〒553-0003
大阪府大阪市福島区福島1-4-40 JBSL梅田ビル 4F
TEL:06-6455-3633 / FAX:06-6455-3688
24時間受付中!お問い合わせ、資料請求は無料です。
24時間受付中!
お問い合わせ・資料請求は無料です
お問い合わせ 資料請求 セミナー開催中
お問い合わせ無料 受付時間 平日10:00~19:00
×