2016年11月29日
動画教材の教育効果あり〜妊婦のシートベルト着用に対する意識調査より〜

← 一覧に戻る

動画教材の教育効果を検証している大阪府立大学の中嶋准教授らの研究チームによると,動画教材は妊婦のシートベルト着用の「意識付け」に活用できることや,動画教材の利点が複数明らかとなったことが,一連の研究によって示されました.弊社は研究内で使用されているweb動画教材の動画制作を受託しております.

【研究のポイント】
この一連の研究のポイントは以下のとおりです.
・動画教材視聴前後の妊婦の意識と知識の変化を検討したところ,教材視聴前と視聴後ではシートベルト着用意識が高まったこと(中嶋他,2012) .
・動画教材の利点について自由記述を分析したところ,「わかりやすさ」「印象の残りやすさ」が,動画教材の利点として明らかとなったこと(中嶋他,2013a).
・動画教材については,485名中98%の妊婦が「良い」と評価したこと(中嶋他,2013b).

【具体的な動画教材の教育効果】
・調査課題①:「教材視聴前後の妊婦の意識と知識の変化」
中嶋他(2012)では,教材視聴前後の妊婦の意識と知識の変化について分析したところ,着用意識の高まりを確認しています.具体的には,動画教材 1「シートベルト着用の重要性」を視聴した妊婦(後席利用者443名)の内,「後席でシートベルトをかならず着用する」と回答した妊婦は,教材視聴前17.6%から視聴後63.7%に増加しました(p<0.001).

・調査課題②:「教材に対する妊婦による評価」
中嶋他(2013a)では,教材の利点について,自由回答の記述500件を分析しました.その結果,【具体性】271件(54.2%),【単純明快】82件(16.4%),【意外性】80件(16.0%),【感情に訴える】18件(3.6%),【物語性】17件(3.4%),【信頼性】11件(2.2%)などのコンセプトにおいての記述回答が多く,具体的には「衝突体験の動画映像は,文章よりもイメージしやすい」「時速5km時低速衝突の衝撃度が意外に大きかったこと」など,「わかりやすさ」「印象の残りやすさ」が,動画教材の利点として挙げられていることが明らかとなりました.

動画の特徴は,上記の研究でも示されていますが,「具体性」や「単純明快さ」にあります.今回の一連の研究は,妊婦のシートベルト着用の観点から動画教材の教育効果を検討したものではありますが,これはビジネスでも十分援用することができそうです.
例えば,今回の研究のように,教育目的の「研修用動画」はもちろん,商品・サービスの「営業ツールとしての説明動画」,会社の理念を表現するための「ブランディング動画」など,「文字」だけでは伝わりにくいものは,動画との相性がいいと言えそうです.

ぜひ,映像制作に興味のある方は,以下のURLよりお問い合わせをお待ちしております.
https://goo.gl/Dk2At7

また、「大阪府立大学」「大阪市立大学」が主催の「ニューテクノフェア2016」において、今回の研究成果について中嶋准教授が発表されるよう予定ですので、ぜひご興味がある方はご参加ください。また、発表で使用されるポスターも以下に掲載しておりますので、ぜひご一読ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ニューテクノフェア2016開催概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【場所】12月6日(火)10:00~17:00
    大阪産業創造館4Fイベントホール
【費用】入退場自由・要予約
【主催】大阪府立大学、大阪市立大学、大阪産業創造館
【住所】大阪府大阪市中央区本町1丁目4−5
【詳細】https://www.sansokan.jp/eveoubo/newtech2016.pdf

——————————————————–
【研究の背景】
中嶋准教授らの研究チームは,低速度衝突体験装置の体験映像を用いて12分の動画教材を作成し,動画教材の教育効果を検証しました.2010年には,この動画の評価調査を行い(中嶋ら,2011),教材1「シートベルト着用の重要性」,教材2「正しいシートベルト着用法」,教材3「正しい運転姿勢」に分けた改訂版動画教材を作成したのち,2012年5月15日までに教材1を視聴した529名を 分析対象とし,調査課題①「教材視聴前後の妊婦の意識と知識の変化」と調査課題②「教材に対する妊婦による評価」を行い,教材別に検討しました(中嶋他,2012).

【参考文献】
中嶋有加里,町浦美智子,山田加奈子(2011).「妊婦の全席シートベルト着用推進をめざした教材に対する妊婦の評価」『第13回日本母性看護学会学術集会抄録集』p28.
中嶋有加里, 山田加奈子, 椿知恵, 町浦美智子(2012).「妊婦と胎児・乳幼児の命を守るシートベルト着用推進教育プログラムの開発と評価」平成21年〜23年度日本学術振興会科学研究補助金基盤研究C研究成果報告書, 研究課題21592826
中嶋有加里, 山田加奈子, 椿知恵, 町浦美智子(2013a). 「妊婦の全席シートべルト着用の意識付けを目指したweb動画教材に対する妊婦による評価」『大阪府立大学看護学部紀要』19 (1) ,p.93-101
http://repository.osakafu-u.ac.jp/dspace/bitstream/10466/12835/1/2013000034.pdf
中嶋有加里, 山田加奈子, 椿知恵, 町浦美智子(2013b).「妊婦の安全な運転姿勢のためのweb動画教材に対する評価」『大阪母性衛生学会雑誌』49(1), pp.67-72.
H28NTFポスター(府大 中嶋有加里)161101