2016年8月24日
弊社の取り組みが日経産業新聞に取り上げられました。

← 一覧に戻る

HPをご覧頂き、ありがとうございます。
日経産業新聞(2016年8月22日付)に、弊社の「ムービーサポートセルフ」サービスの取り組みが掲載されましたことをお知らせいたします。

「ムービーサポートセルフ」は、3日間で動画制作の内製化に必要となる基本的な知識や技術の習得ができ、動画の有効な活用方法を学べるサービスとなっています。基本的な価格は研修費70万円、撮影・編集機材20万円の税別90万円で、1社5人まで、価格内で同時にサービスを受講できます。また、条件を満たすことができれば、厚生労働省の「キャリア形成促進助成金」の対象となり、研修費用の一部を助成金でカバーすることができます。

弊社がこのサービスを展開するに至った背景には、企業様がSNS、電子看板などの広告宣伝、社内教育などの研修、営業での商品・サービス紹介、プレゼンテーションなどにおいて、動画コンテンツを使う機会が増えている中で、迅速かつ制作コストを抑えることで、企業の成長を加速させたいという願いがあります。
ご興味ありましたら、お問い合わせいただけますと幸いです。