「価値を映す」プロフェッショナル

山口 貴久
TAKAHISA YAMAGUCHI

1981年兵庫県生まれ
ビジュアルアーツ専門学校大阪卒業後、映像制作全般に携わる。撮影技術、制作、ディレクションなどで活躍しながら自主映画を制作。2013年に脚本を担当した映画がPFF:ぴあフィルムフェスティバル審査員特別賞・日活賞W受賞、2014年にIFFR:ロッテルダム国際映画祭に招待。以降も脚本執筆を続けている。
オリジナルアイデアの映像や企業のブランドを高める映像を得意とし、常に挑戦するマインドを忘れずに、企業の魅力を昇華させる映像づくりを心がける。
2015年デジタルハリウッド大阪校 ネット動画クリエイター専攻 特別講師。