03-6261-5375

平日 10:00~19:00

DOOONUTブログ

インタラクティブ動画の作り方と作成におすすめのプラットフォーム7選

エンゲージメント率が高くなることから、近年多くの企業が取り入れている「インタラクティブ動画」。

インタラクティブ動画に興味があり、作りたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、インタラクティブ動画の作り方について紹介していきます。

インタラクティブ動画が作れる、おすすめのプラットフォームも一緒に紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

動画マーケティング支援ツールDOOONUT(ドーナツ)

インタラクティブ動画とは?

インタラクティブ動画とは?これまで動画といえば、映画を始めとする映像作品やテレビで流れるCMのように、「流れている映像を見るだけ」という受動的なものが一般的でした。

しかし、デジタル技術が飛躍的に発展したことにより、動画の中で選択や文字の入力をうながせるようになりました。

ユーザーがクリックやタップなどの操作をおこなうことでコンテンツに参加できる能動的な動画コンテンツが、「インタラクティブ動画」です。

インタラクティブ動画には、

  • 操作をうながすことでより強い印象をあたえられる

  • 視聴時間やシェア数などのエンゲージメント率が高くなる

  • PRなどに活用しやすく、宣伝効果も高い

など、これまでの動画にはない魅力的なメリットがあります。

そのため、インタラクティブ動画をマーケティングに活用する企業が増えてきているわけです。

インタラクティブ動画については以下の記事でより詳しく解説しているので、気になる方はこちらもぜひチェックしてみてください。
>>インタラクティブ動画とは?メリットや事例、作り方を徹底解説

インタラクティブ動画の作り方

インタラクティブ動画の作り方ユーザーがより反応しやすくなるといったメリットがあるインタラクティブ動画。

そのためインタラクティブ動画の作成に取り組みたいと考えている方は多いでしょう。

しかし、いきなり作り始めてしまうと失敗する確率が高くなるためおすすめしません。

そこで今回は、インタラクティブ動画の正しい作り方について解説していきます。

作り方① 動画を作成する目的を考える

インタラクティブ動画を作る場合、まずは動画を作成する目的を明確にしましょう。

「動画を見てもらったユーザーにどう行動してもらいたいか」を明確にしないまま動画を配信しても思うような成果は得られません。

最大限の効果を得るためにも動画を作成する目的の設定が必要になるので、必ず事前に考えてから作り始めるようにしてください。

作り方②動画のコンセプトを考える

動画を作成する目的が決まったら、動画の大まかなコンセプトを考えていきましょう。

  • どういった内容の動画か

  • どういったユーザーに見てもらいたいか

  • どういった形でユーザーがコンテンツに参加できるのか

などを大まかに設定していきます。

コンセプトを設定しておかないと、動画を作っていくうちに目的がぶれてしまいます。

目的がぶれることで、狙ったユーザーに動画を見てもらえなかったり、動画の内容が思うように伝わらなかったりします。

事前に社内で打合せをして、コンセプトをしっかりと決めておきましょう。

作り方③動画の大まかな流れを考える

次は、目的とコンセプトを踏まえながら動画の大まかな流れを考えていきます。

細かな流れやセリフについては次の「台本を作成する」の段階で設定していくので、ここでは動画の大まかなストーリーを考えるだけでOKです。

どのような流れでユーザーに伝えたいことを伝えていくのかについて考えておきましょう。

作り方④台本を作成する

動画の大まかな流れが決まったら台本を作成していきましょう。

台本の作成では、セリフや「どういったアングルで撮影するのか」などを決めていきます。

台本を丁寧に作り込んでいると撮影がスムーズに進みます。

手間はかかりますが、できるだけしっかりと作り込んでおいてください。

作り方⑤必要な素材を作成する

インタラクティブ動画に必要な素材としては、動画内に挿入する画像やイラスト、表などがあげられます。

こういった素材を適度に挿入することでユーザーがより動画の内容を理解しやすくなります。

動画の内容とマッチしたフリー画像・映像を挿入したり、数値を表やグラフにまとめたりして、視覚的に分かりやすい動画を作りましょう。

作り方⑥撮影をおこなう

台本の作成が完了し、必要な素材を準備できたら、いよいよ動画を撮影していきます。

インタラクティブ動画の場合、PowerPointなどの資料作成用のソフトを使ってスライドショーを作成して、そのスライドをキャプチャソフトで撮影する手法が多く用いられます。

一般的な動画と同じ手法で撮影されるケースが多いのですが、動画の内容によっては上記の方法で撮影できることも覚えておきましょう。

作り方⑦編集する

撮影が完了したら、撮影した素材を一本の動画に編集していきます。

その後、インタラクティブ動画にするための仕かけを設定していかなくてはいけません。

インタラクティブ動画の代表的な仕かけとしては、

  • ユーザーに選択をうながすストーリ分岐
  • 動画内でのアンケートの実施
  • 動画内への応募フォームの設置

などがあげられます。

一般的な動画編集ソフトの場合、そういった編集ができないので、インタラクティブ動画が作れる専用のプラットフォームを活用するのがおすすめです。

おすすめのプラットフォームについては、後ほど詳しく紹介していきます。

効果的なインタラクティブ動画の作り方のポイント

効果的なインタラクティブ動画の作り方のポイントインタラクティブ動画のエンゲージメント率を高めたい場合、

  • ターゲットを明確にする

  • 仕かけを増やし過ぎない

  • 仕かけを複雑にしすぎない

これらのポイントを意識しながら動画を作成してください。

ターゲットが明確になっていないと、どのユーザーにも刺さらない動画になってしまいます。

また、インタラクティブ動画ではユーザーに反応してもらうための仕かけを動画内に組み込んでいきますが、仕かけを詰め込みすぎるのはNGです。

仕かけが多すぎたり、複雑すぎたりすると、ユーザーをうんざりさせてしまいます。

効果的なインタラクティブ動画を作るなら、簡潔で分かりやすい内容を心がけましょう。

インタラクティブ動画を作るのにおすすめのプラットフォーム

ここからは、インタラクティブ動画が作れるおすすめのプラットフォームを7つ紹介していきます。

おすすめ①DOOONUT(ドーナツ)

  出典:DOOONUT(ドーナツ)

DOOONUT」は、インタラクティブ動画の管理や効果測定ができるサムシングファンのオリジナルツールです。

専門知識なしでインタラクティブ動画を作成できるほか、動画の分析や配信も実施できます。

  • レビュー機能

  • SNS連携

  • 限定配信

  • ABテスト

  • 広告移動計測

動画の再生回数だけでなく、「動画を視聴したときに視聴者がどれぐらい情報に興味を持ったか」を計測できます。

DOOONUTでは14日間無料ですべての機能が利用できますので、ぜひお気軽にご利用ください。
>>DOOONUT(ドーナツ)

動画マーケティング支援ツールDOOONUT(ドーナツ)

おすすめ②DoGa(ドゥーガ)

Doga(ドゥーガ)出典:Doga(ドゥーガ)

Doga(ドゥーガ)は、インタラクティブ動画の作成がおこなえる国産のプラットフォームです。

ブラウザ上でインタラクティブ動画の作成が完結するようになっているので、気軽にインタラクティブ動画を作成できます。

ストーリー分岐やポップアップの表示、登録フォームへの誘導などさまざまな方法でユーザーに行動をうながせるので、反応率の高い動画を作成することが可能です。

おすすめ③MIL

MIL出典:MIL

MILは、Sony Musicやセブン-イレブン、マイナビなど、大手企業も利用している本格派のプラットフォームです。

MILでできるのはインタラクティブ動画の作成だけではありません。

  • 企画

  • 作成

  • 配信

  • 分析

  • 改善

など、動画でのマーケティングにおける一連の作業をすべてまかなえるようになっています。

もちろん、動画内に設置できる仕かけも充実しています。

動画の企画から改善までを一つのプラットフォームでおこないたい方におすすめです。

おすすめ④WIREMAX

WIREMAX出典:WIREMAX

海外発のプラットフォームとして圧倒的な人気を誇っているのが、このWIREMAXです。

WIREMAXは、

  • NIKE

  • IKEA

  • Netflix

など、世界的に有名な企業のインタラクティブ動画の作成にも使用されています。

国産のプラットフォームにはないユニークさが魅力で、よりクリエイティブなインタラクティブ動画を作成するのに適しています。

おすすめ⑤freely

freely出典:freely

freelyは、コンテンツマーケティングのサービスを提供している株式会社ファングリーが提供している、インタラクティブ動画を作成するためのプラットフォームです。

物流業界や医療業界などさまざまな業界で利用されています。

ドローンで撮影した映像をインタラクティブ動画に盛り込むといった、新しい取り組みも実践しています。

より魅力的なインタラクティブ動画を作成するのにピッタリのサービスです。

おすすめ⑥eko Studio

Eko Studio出典:eko Studio

eko Studioは、WIREMAXと同じ海外産のプラットフォームです。

Eko StudioもWIREMAX同様日本のプラットフォームにはないユニークな仕かけや機能が備わっているプラットフォームですが、動画の作成から公開までを無料でおこなえるという大きなメリットがあります。

Eko Studioは、初めてインタラクティブ動画を作って発信してみたい方におすすめのサービスとなっています。

おすすめ⑦YouTube

YouTube出典:YouTube

無料で利用できる動画配信プラットフォームのYouTubeですが、実はYouTubeでもインタラクティブ動画の作成が可能です。

YouTubeは無料で利用できるということもあって有料のプラットフォームほど機能は充実していませんが、

  • 別の動画への誘導

  • Webサイトへの誘導

  • アンケートの実施

など、インタラクティブ動画を作成するための基本的な機能は備わっています。

こちらも、とりあえずインタラクティブ動画を作成し、ユーザーの反応を見てみたい方におすすめのプラットフォームとなっています。

まとめ:正しい作り方を理解して効果的なインタラクティブ動画を作成しよう

正しい作り方を理解して効果的なインタラクティブ動画を作成しよう効果的なインタラクティブ動画を作るためには、インタラクティブ動画の正しい作り方を理解しておくことが大切です。

これからインタラクティブ動画を作っていくのであれば、今回紹介した手順にそって制作を進めていくようにしてください。

また、インタラクティブ動画は作って配信するだけでは効果を最大化できません。

効果を分析し、改善することで、最大限の効果を発揮してくれるインタラクティブ動画が作れるようになります。

インタラクティブ動画の管理や効果測定には、サムシングファンのオリジナルツールである「DOOONUT」がおすすめです。

DOOONUTでは14日間無料ですべての機能が利用できますので、ぜひお気軽にご利用ください。
>>DOOONUT(ドーナツ)

※DOOOUNTの機能や特徴を詳しく知りたい方は、こちらの記事もチェック!
AdobeとDOOONUTを徹底比較!自社に合う動画マーケティングツールで集客につなげる

動画マーケティング支援ツールDOOONUT(ドーナツ)

今すぐ無料で全機能を試してみる!

DOOONUTによる動画マーケティングを
あなたも試してみませんか?
迅速にIDを発行し、すぐにご体験いただけます。

\ 14日間全機能が使い放題! /

無料トライアルを試す

トライアル終了後に自動課金されません!

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6261-5375

平日 10:00~19:00

DOOONUTの全機能が無料で使い放題!!

無料トライアルを試す

※トライアル後に自動課金されません。