2021年06月04日

YouTubeライブの配信をiPhoneだけで実行したいときのヒントとやり方

YouTubeライブの配信をiPhoneだけで実行したいときのヒントとやり方

YouTubeライブの配信をiPhoneで行う場合、特別な設定が必要なのでしょうか?

 

この記事では、YouTubeライブの配信をiPhoneなどモバイルから配信するために知っておきたい条件や必要なアプリについて解説します。YouTubeライブをiPhoneだけで配信することを目的として進めていきましょう。

 

モバイルのライブ配信には条件がある

まず、YouTubeライブの配信をiPhoneで行うということは、モバイルからのストリーミング配信となります。YouTubeライブの場合、モバイルからライブ配信するには4つの条件をクリアしていることが必要です

 

  1. iPhoneがiOS 8以降のバージョンであること
  2. 電話番号によるアカウント経由のチャンネル確認済み
  3. ライブ配信の制限がかけられていないこと(過去90日以内)
  4. 自分のチャンネル登録者数1000人以上

 

上記の4つの条件をクリアしなければ、iPhoneからのライブ配信はできません。この条件は、モバイル全般に共通するYouTubeの規定なので、Androidも同じ扱いになります。

 

参照元:

https://support.google.com/youtube/answer/9228390?co=GENIE.Platform%3DiOS&hl=ja

 

iPhoneだけで配信

上記の条件をクリアすることにより、iPhoneだけでYouTubeのライブ配信ができるのです。iPhoneだけでYouTubeライブの配信をするには、次のステップを展開していきます。

 

① アプリの導入

冒頭で案内した4つの条件をクリアしていることを前提として、iPhoneにGoogleアプリをインストールしましょう。Googleアプリからは、「Wirecast Go」を検索して導入します。

 

Wirecast Goは、海外のアプリのため英語の説明文です。アプリを導入したら、アプリ内にログインします。Wirecast Goは、基本的な部分は無料で使えるフリーソフトです。Wirecast Goは、編集などでライブ配信に差をつけたい場合、750円の課金で機能拡張ができます。

アプリ導入元:https://apps.apple.com/us/app/wirecast-go/id987286934

 

② ブラウザの設定

iPhoneでYouTubeライブを始める場合Appleの仕様上、「safari」から進めるとYouTubeアプリの導入に強制的に誘導されてしまいます。iPhoneのみでYouTubeライブの配信をするには、YouTubeアプリではなく、ブラウザ上で実行しなければなりません

 

そのためには、YouTubeを使用するブラウザを「Google」にします。さらに、GoogleブラウザのPC表示に設定を変えるのです。

 

③ YouTubeの設定

Googleブラウザ内でYouTubeを開き、右上部の「アップロード」を押して、右に出てくるライブストリーミングの「始める」を選択します

 

その際、PC向けの表示になるため、字やボタンが小さくて見づらいかもしれません。しかし、iPhoneだけでライブストリーミングを実行するには、PC用の管理画面で操作をしなければライブ配信ができないのです。

 

以下より、ストリーミング配信に向けて設定する項目を紹介します。

 

・視聴者向けの設定:巻き戻し再生機能「DVRを有効にする」

・配信終了後の見逃し視聴を有効にする「完了時にアーカイブを限定公開にする」

・配信の低遅延の最適化(「遅延の追加」の秒数を選択できる)

・視聴者環境のバッファの削減に向けた最適化

 

Wirecast Goの利用

上記の初期設定が完了してから、Wirecast Goアプリを起ち上げましょう。アプリ内でYouTubeライブ配信は簡単にはじめられます。今回のような方法では、YouTubeの設定とアプリの導入によりiPhoneだけでYouTubeライブの配信ができるようになるのです。

 

有料アプリAirserverもある

また、有料にはなりますが、Airserverというライブ配信用のアプリもあります。ただし、Airserver は7日間の無料体験期間があるため、使い勝手を試してからの本格利用も可能です

 

Airserverは、高画質で配信時の音のタイムラグが少ない点が特徴になります。ただし、最初の設定での入力項目がWirecast Go以上にあることにより、設定完了まで時間がかかるでしょう

 

参照元:https://www.airserver.com/

 

上記に紹介したアプリを使う場合は、YouTubeをブラウザ上で実行する必要があります。独特な編集効果を期待できる面、操作で戸惑うことも考えられるのです。

 

動画にエフェクト効果

では、iPhoneを使ってブラウザ上ではなくて、YouTubeアプリからライブ配信をした場合について取り上げていきます。まず、iPhoneのYouTubeアプリからライブ配信をした場合についての紹介です。

 

YouTubeアプリでは、動画にエフェクトをかけることができます。iPhoneでライブ配信をするには、YouTubeアプリを開いて上部の「動画撮影」アイコンを選択しましょう。

 

すると、「録画」と「ライブ配信」のどちらかを選ぶ画面になります。ここでは、「ライブ配信」を選びましょう。初期設定を済ませると、配信中リアルタイムで映像にカラーエフェクトなどがかけられます。

 

チャット表示設定

また、YouTubeライブの配信中において、コメントを投稿できるチャット機能の表示設定を変更することが可能です。チャット表示の設定範囲は、次の通りになります。

 

  • すべて
  • Super Chat
  • なし

 

表示設定と言っても「表示」か「非表示」にするか程度の変更に近いですね。

 

このように、iPhoneによるYouTubeアプリでのライブ配信では、簡単なエフェクトや表示設定変更であれば外部アプリやブラウザを使う必要がありません。ただし、他のライバーと差別化する目的があれば、編集効果の多い外部アプリの導入が必要になります

 

用途に合わせて、iPhoneだけのライブ配信方法を選んでみてください。

 

ライバーエージェンシー「サムファン」では、ライブ配信者「ライバー」の新規募集をしています

✔︎自分も配信してみたいがイマイチわからない(どの配信アプリがいいの)
✔︎ライブ配信で稼ぐためにノウハウを学びたい(本当に稼げるの)
✔︎自分の活動の幅を広げたい(どんな人がライバーしてるの)

また、「サムファン」では、ライブ配信に意欲的なライバーの方々の活動をサポートしています。
✔フリーでやるより長く続けれるサポート体制あり
✔所属ライバー限定のノウハウマニュアルあり
✔独自の振り返りレポートで、自分では気づけない改善も出来る!

ライバーになりたい方は下記LINEからご応募してみてください!

 

「サムファン!」LINE@を
友だち追加する
LINE登録 友だち追加