2021年06月04日

YouTubeの投げ銭機能って何?何ができる?仕組みを解説!

YouTubeの投げ銭機能って何?何ができる?仕組みを解説!

動画配信サイトの中では最も知名度が高く、

本職として活躍するYoutuberは今やテレビでも活躍するようになりました。

 

そんなYouTubeで稼ぐための方法として知られているのは

広告収入や再生回数や登録者数を増やすことだと思いますが、

他にも投げ銭機能が備わっています。

 

仕組みをしっかり知ることで、これから始める方でも稼ぐチャンスが増えるはずです。

今日はYouTubeの投げ銭機能について解説していきます。

 

【おいしい】YouTubeの投げ銭機能って何?何ができる?仕組みを解説!

【おいしい】YouTubeの投げ銭機能って何?何ができる?仕組みを解説!

Youtubeの投げ銭とは(スパチャ)

 

YouTubeの投げ銭機能のことをスーパーチャット(スパチャ)といいます

 

ライブ配信中に視聴者は配信者へのお礼や応援の気持ちを込めてお金を送ることができます。

 

視聴者は、100円から最大50000円まで

1円単位で好きな金額を設定することが可能で、1日の最大金額は50000円までとなっています。

 

メリット

 

支援側は、分かりやすい「お金」という形で応援したい配信者を直接応援することができます。

投げ銭をしたことは、もちろん配信者に伝わりますのでお礼を言われることや、ライブ中に名指しでコミュニケーションを取ってもらうことがあるかもしれません。

 

また、金額によりコメントの表示時間が変動しますので、配信者や他の視聴者の目につきやすくなります

 

支援者はこれだけ寄付して、応援しているというアピールにもなります。

 

配信者側はリアルタイムで視聴者からの応援を受けることができるので、モチベーションアップにも繋がります。

金額によってコメントの表示時間が変わることから、ファンの熱意の判断もしやすくなると言えます。

 

スパチャのルール

今までよりもスパチャの導入により収益を得やすくなりましたが、誰でもすぐに投げ銭機能を利用できるわけではありません

 

いくつかの条件を満たしている必要があります。

チャンネル登録者数1000人以上であること

・過去12ヶ月の再生時間が4000時間以上であること

・18歳以上であること

・スパチャの利用ができる国、地域に住んでいること

以上の4項目です。

 

18歳以上で日本に住んでいるのであれば、上の2項目をクリアすることが壁になると言えそうです。

 

スパチャの始め方

始め方

 

では、スパチャの使用方法について解説をしていきます。

 

配信者がスパチャを受け取るには

 

スパチャを利用するためにはいくつかの設定が必要です。

何もせずにライブ配信をしても投げ銭を受け取ることができませんので注意が必要です

 

管理メニューから「動画の管理」へ移動します。

「チャンネル」をタップし「ステータスと機能」へ移動します。

規約に同意した後、名前や電話番号などの必要事項を入力します。

完了で設定は以上です。

 

上記の設定が完了していても限定公開や非公開、年齢制限がある配信の方はスパチャを利用することはできません。

 

視聴者がスパチャをするには

 

スパチャをする場合の手順を説明していきます。

 

まず、スパチャを送りたい配信者のライブ配信画面をひらきます。

$マークをタップし、続いて「SUPER CHATを送信」をタップします。

金額とメッセージを設定し、完了です。

 

$マークが表示されていない場合は、配信者がスパチャの設定を行っていない証拠ですので投げ銭をすることはできません。

 

スパチャをしたい時に必要な物

・YouTubeアカウントへの登録

ご自身のYoutubeアカウント作成が必要です。

Googleのメールアドレスをお持ちであれば簡単に登録が出来ます。

 

・支払い用カード

クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード、

バンドルカード、ペイパルで支払うことが可能です。

 

iTunesやコンビニ支払い、Googleplayギフトカードなどの

支払いには対応しておりません

クレジットカードを持っていなかったり、未成年の方はアプリですぐにカードを発行できるバンドルカードや、デビッドカードが便利です。

 

注意点

 

スパチャをするには大前提としてYouTubeへのログインが必要となります。

 

そして一度送信をしたスパチャはキャンセルや返金をすることができません

ですので送り間違いや金額の打ち間違いには十分に注意をしましょう。

 

また、送った金額により決まったコメントの固定時間がまだ残っている場合でも、ライブ配信が終了してしまう場合があります。

ライブ配信開始の序盤にしておくのが安心と言えます。

 

そして送信した金額やコメントは他の視聴者からも確実にわかる状態で表示されます

見てほしいという方にとっては良い機能ですが、他の視聴者に見られることが嫌な方は覚えておくのが賢明です。

 

スパチャの還元率

還元率

 

視聴者が送った投げ銭が100%配信者の手元に届くわけではありません。

 

YouTube運営側にプラスして、iPhoneユーザーはiOS経由している場合、Apple側にも手数料を払う必要があります。

 

ですので、Youtubeへの手数料のみ発生する場合、手取りは約70%ほどです。

 

また、YouTubeとAppleの両方へ手数料が発生する場合の手取りは50%から60%弱と言われています。

 

他に投げ銭機能がある配信は?

投げ銭機能がある配信はYouTubeのスパチャだけではありません。現在日本でも、1万人以上が配信している「ライブ配信アプリ」というものがあります。素人でも比較的稼ぎやすいモデルであるため、YouTubeだと、まだ参入障壁が高いと思う方にとっては良いかもしれません。

 

Pococha(ポコチャ)

国内では最大級のライブ配信アプリです。「モバゲー」を始めとし、アプリ会社の大手企業DeNA

作ったライブ配信アプリ「Pococha(ポコチャ)」は日本では馴染みやすいアプリです。

 

マナーを守る体制があるから、利用者は他のアプリに比べると優しく、落ち着いた印象を与えるのがポコチャの特徴です。

ポコチャはユーザーのログインボーナスも充実し、投げ銭以外でもイベントや、配信していることで報酬が受け取れることが魅力です。

Pococha(ポコチャ) ライブ配信 アプリ

Pococha(ポコチャ) ライブ配信 アプリ
開発元:DeNA Co., Ltd.
無料

 

ふわっち

誰でも手軽に参加することができ、アプリのハードルは低いイメージがあるふわっちです。

 

 

年齢層が幅広く、内容も他のライブ配信サービスでは、踊ったり、歌を歌ったり、何か技術が必要なことが多いですが、ふわっちではただ話をしているかたが多く、雑談などの緩い配信の割合も高いと言えます。

また、スマートフォンでもパソコンでも配信できる点も特徴です。

 

ふわっち - ライブ配信 アプリ

ふわっち – ライブ配信 アプリ
開発元:A Inc.
無料
 
8割が顔出し無しのラジオ配信者で、他のライブ配信よりもライブ配信をはじめやすいアプリです。
配信者の報酬となる「還元率が高くなるイベント」など、高報酬を得やすい設計がされているのが特徴です。
 
HAKUNA(ハクナ) - ゆるコミュライブ配信アプリ

HAKUNA(ハクナ) – ゆるコミュライブ配信アプリ
開発元:MOVEFAST Company, K.K.
無料
 

まとめ

投げ銭機能が始まるまでは、ユーザーが多いYouTubeの中で埋もれてしまうYouTuberがほとんどでしたが、スパチャが始まったことにより少し利益化することへのハードルが下がったという声を耳にします。

 

利用条件はありますが、自身の配信の成果を目の前で実感することができるので、反省点もわかりやすく、やる気も持続させやすいと言えます。

上手に軌道に乗ることができれば十分に収益化できるシステムですので、動画投稿よりは参入しやすいと言えます。

 

また「YouTubeは参入障壁が高く素人だと難しい…」と思う方は、素人でも投げ銭されやすい他のライブ配信をマスターしてから行うのも良い手だと思います。

 

 

・投げ銭で稼ぐ方法をマスターしたい!

・YouTuberはハードルが高いので長期戦だと思っている方は、

 

一度、ライブ配信専用のアプリで配信してみることもオススメします。

ライブ配信は

熱量の高いファンを作れる

✔ライブ配信で月収300万円以上のライバーがいる

✔視聴者とのコミュニケーションが上達する

 

など、今後活かせるスキルや、YouTube活動で必要なファンの獲得収入の獲得に繋がります。

 

サムファンのライバーにもYouTuberを目指す方が「きっかけ作り」としてライブ配信を行っている方が多くいます!

サムファンのホームページ

 

✔フリーでやるより長く続けれるサポート体制あり

✔所属ライバー限定のノウハウマニュアルあり

✔独自の振り返りレポートで、自分では気づけない改善も出来る!

ライバーになりたい方は下記LINEからご応募してみてください

「サムファン!」LINE@を
友だち追加する
LINE登録 友だち追加