2020年10月19日

17(イチナナ)で稼ぐ!収入について解説します

17(イチナナ)で稼ぐ!収入について解説します

いまや、ユーチューバーを揺さぶるほどビジネスチャンスが拡大してきた17(イチナナ)のライバーの生放送収入。

時代は、「ライブ配信でも食っていける」可能性をネットユーザーにもたらしています。

 

では、今回「17ライブで稼ぐライバーの収入はどのくらい?」という疑問から、ライブ配信者の収入について取り上げていきましょう。ライブ配信1回につきどれくらい稼げるのか?17ライバーの収入の仕組みについて解説します。

17ライバーの収入

17ライバーとして収入を得ることは、他のライブ配信アプリで活躍するライバーの大きな目的となることでしょう。ライバーとして一定の水準をクリアできれば、プロのライバーになって生計を立てることも夢ではありません。

では、そのような魅力に期待が高まる17ライバーの収入は、どの程度見込めるのか?はじめに、1本のライブ配信で得られる収入を紹介していきます。

実際に17ライバーの中で、1回の配信で10000ポイントのギフトを得られれば、ポイント換算の還元率約15%であれば、ライバーへの報酬が1500円です。ならば、1回の配信で100000ポイント得られれば、15000円の報酬となります。

1回のライブ配信で得られるギフトは、%表すと破格な金額になることも考えられるでしょう。

収入の仕組み

17liveでのライバーが得られる収入の仕組みについて解説します。17ライバーが得られる収入は次の3つに分類されるでしょう。

  • 視聴者からのギフトポイント数による分配金
  • 限定イベントへの参加によるポイント獲得

ちなみに、国内のライブ配信サービス(アプリ)において17liveは市場全体の63.9%を占めていることから、最も稼ぎやすいアプリといえるのではないでしょうか。

受け取り方

非認証のライバーは17liveで収入を受け取るには、PayPalを利用する必要があります。PayPalは、クレジットカードを登録することにより利用が可能です。

17liveでの収益は、トップページからマイページに移動して、ロイヤリティページで行います。ロイヤリティページにある報酬状況より、「支払い詳細」へと進み、PayPalアカウントを入力して報酬を換金するのです。

基本的に、17liveの報酬は対象月より翌月の入金になることを知っておきましょう。

認証マークが入った認証ライバーは、登録された振り込み先へ自動振込になります。

 

平均収入

17ライバーの収入は、年収ベースで上位トップライバーの平均値から換算すると、なんと1450万円になります。月収で置き換えると120万円です。とても一般の会社勤めでは得られない金額になります。

年収

上記の17ライバーの平均年収は、上位の最高年収もあわせた金額です。ちなみに17ライバーの最高年収は5000万円以上の人がいます。

つまり、ライブ配信で自由に稼ぐとは、一般的な収入よりも高額な収入を得られる可能性があるのです。

業種に分けた収入

17ライバーは、業種別で収入を見ることは大枠で判断ができます。ライバーのランクにより年収にも差が生まれてくるでしょう。

参考までに、上位にランクインしている17ライバーで1000万円から上の年収を得ています。ランクイン中間のライバーの場合は、年収100万円から1000万円の間になるでしょう。

稼げるのか?

17liveは、ライブ配信アプリの中でも利用者(ライバー・視聴者)の多いサービスとなります。そのため、男性のライバーでも17ライバーランキングにランクインされている人もいるのです。

つまり、ライブ配信の中でも稼げる部類に入るアプリではないでしょうか。

ライバーのメイン収入は“投げ銭”

特に、17ライバーのメインとなる収入はギフトといわれる「投げ銭」です。投げ銭は、視聴者がライバーに向けて送るバーチャルギフトになります。ライバーが視聴者を楽しませることにより、投げ銭の多さに影響してくるのです。

さらに、ライブ配信を続けるたびに、投げ銭を送る視聴者が定着してくることにより、一定の報酬も見込めるようになります。そのような理由からも、ライバーと視聴者のコミュニケーションに大きく影響されてくるのが17ライブでの投げ銭(ギフト)といえるでしょう。

 

 

 

弊社では、多くの活躍しているライバーが所属しています!

ライバーに興味がある方は下記LINEにてご応募ください!

↓↓↓↓ライバーに応募してみる↓↓↓↓

「サムファン!」LINE@を
友だち追加する
LINE登録 友だち追加