お電話でのお問い合わせ無料

受付時間 平日 10:00~19:00

Tokyo

東京

03-6261-5375

Osaka

大阪

06-6455-3633

Column
『コラム』
オススメのウェビナー(Webセミナー)のツール10社を徹底比較!

オススメのウェビナー(Webセミナー)のツール10社を徹底比較!

「ウェビナー」とはWebセミナーを略した造語のことです。

インターネット環境が急速に整備されたこと、そして今日世界中で流行しているコロナウイルスも相まり、従来はひとつの場所に皆が集まって行うセミナーが、徐々にオンラインへと開催場所を移行しています。

このページでは、これからウェビナーを始める方に向けて、会場型セミナーと比較したメリットやおすすめのウェビナー配信ツールを紹介していきます。

ぜひ参考にしてください。

コロナに負けるな!企業のコロナ対策に有効なオンライン配信特集

会場型のセミナーと比較したウェビナーの特徴

会場型のセミナーと比較したウェビナーの特徴会場型のセミナーと、オンライン型のウェビナーを比較してみると、ウェビナーは以下の3点において、大きなメリットがあります。

開催コストがほとんどかからない

会場型セミナーの場合、主催者は機材や会場の予約や整備を進めておく必要がありました。

しかし、セミナーがオンラインになったことにより会場が必要なくなり、主催者や関係者は自宅やオフィスからの参加です。

参加者側から見ても、お金と時間を使って会場まで足を運ぶ必要がなくなりました。

ウェビナーにすることで、あらゆる開催コストをカットすることができるのです。

運営にかかる手間が省ける

会場開催型のセミナーであれば、費用の他にも当日の会場準備が案内、資料配布、セミナー後の会場撤去など運営スタッフが必要でした。

しかし、それらのコストや手間がほとんど必要ないウェビナーであれば、主催者側は頻繁にセミナーを開催することも苦ではなくなるでしょう。

録画配信でいつでもどこでも視聴可能

ウェビナーには大きく分けて「ライブ配信」と「録画配信」の2種類があります。

ライブ配信は、スピーカーと参加者が同じ時間を共有し、対話型のコミュニケーションができるタイプ。

それに対して録画配信では、会社説明会やオンライン授業など、主にスピーカーが一方的に話すタイプの会に用いられます。

録画配信であれば、時間や場所を問わず自分の都合で視聴することが可能です。

主催者にとっては、より多くのユーザーを獲得できるというメリットにも繋がります。

オススメのウェビナーツール10選

オススメのウェビナーツール10選数あるウェビナーツールの中から、筆者がお勧めする10個のサービスを見ていきましょう。

ウェビナーツール1. Zoom Webinar

ウェビナーツール1. Zoom Webinarコロナウイルスの自粛期間中で一般的になった「Zoom飲み」

そのZoom社がウェビナー用に提供をしているサービスが、Zoom Webinarです。

全員が同じ画面に映るのではなく「パネリスト(主催者)」が画面に映り、「視聴者」はパネリストが指示しない場合を除いて表示されません。

YouTubeとFacebookのライブ配信と連携している点も特徴です

料金/月 ¥5,400/月/ホスト(出席者100名)
無料体験 なし
公式ホームページ https://zoom.us/

ウェビナーツール2. V-CUBE セミナー

セミナー配信、ビデオストリーミング配信、オンデマンドセミナーなど、目的に応じて配信形式を選択することが可能です。

チャットやアンケートによる双方向でのコミュニケーションのため、受講者の参加意識の高まり、理解度や満足度の向上に貢献します。

料金/月 要問合せ
無料体験 要問合せ
公式ホームページ https://jp.vcube.com/service/seminar

ウェビナーツール3. Cisco Webex Events

ウェビナーツール3. Cisco Webex EventsAndroid または iOS のモバイルデバイスからイベントに参加することができます。

高音質のビデオによって、発表者の音声もはっきりと聞き取れます。

リアルタイムのアンケートを実施することで、フィードバックを次に生かすことが可能です。

クレジットカードやPayPalでの支払いにも対応もしています。

料金/月

Starter ¥1,490

Plus ¥1,980

Business¥ 2,980

無料体験 あり
公式ホームページ https://www.webex.com/ja/pricing/index.html

ウェビナーツール4. Qumu(クム)

ウェビナーツール4. Qumu(クム)企業の中で使用される動画を簡単に作成し配信できるソフトウェアです。

経営トップからのメッセージや製品の最新アップデートなどを、社内で迅速に共有することが可能です。

社員研修やトレーニングなどの目的で運用している会社もあります。

料金/月 要問合せ
無料体験 要問合せ
公式ホームページ https://jp.vcube.com/service/qumu

ウェビナーツール5. LOGOSWARE GigaCast

ウェビナーツール5. LOGOSWARE GigaCast企業や教育機関などにおける「学びの提供者」に向けて開発されたソフトウェアです。

ライブ配信機能にとどまらず、告知、申し込み、アンケートに至るまで、セミナー実施に必要なことがすべてカバーされています。

会場セミナーで行っていた作業を、丸ごとWeb上で行うことができるイメージです。

料金/月 ¥9,800~/月
無料体験 デモ体験あり
公式ホームページ https://powerlive.logosware.com/

ウェビナーツール6. FreshVoice Webinar

ウェビナーツール6. FreshVoice Webinar自宅とオフィスを他拠点でつなげるWeb会議システムです。

医療、大学、金融、保険、自動車、食品、行政など、業種を問わず多くの事業者が使用しているアプリケーションになります。

料金/月 ¥18,000/(2台同時接続)など他多数あり
無料体験 あり
公式ホームページ https://www.freshvoice.net/

ウェビナーツール7. WebinarNinja(ウェビナーニンジャ)

ウェビナーツール7. WebinarNinja(ウェビナーニンジャ)オンライン会議や Web セミナーに必要な作業や機能が全て整っている「オールインワン」タイプの配信ツールです。

39ドルの基本プランでも最大100人のライブ参加者を招待できます。

統計情報やフォローアップメールなどによって、セミナー全体の収益を改善しましょう

料金/月

STARTER $39(約4,100円)

PRO $79(約8,400円)

PLUS $129(約13,700円)

POWER $199(約22,100円)

無料体験 あり(14日間)
公式ホームページ https://webinarninja.com/

ウェビナーツール8. コクリポ

ウェビナーツール8. コクリポコクリポは1時間あたり3000円と、業界標準の1/10の料金設定になっています。

専用ソフトが必要ないため、場所を問わずすぐに配信することが可能です。

参加者が300人程度であっても、「切れない&遅れない」という強いシステムを持っています。

コクリポは、定期的に無料オンライン説明会を開催しており、ウェビナー活用の成功事例や、機能の詳細を知ることができます。

料金/月

無料タイプ

¥30,000/10時間/月

¥70,000/20時間/月

無料体験 あり
公式ホームページ https://www.cocripo.co.jp/

ウェビナーツール9. Adobe Connect(アドビコネクト)

ウェビナーツール9. Adobe Connect(アドビコネクト)Adobe Connect の会議ソフトウェアサービスを使用することで、打ち合わせ、バーチャル教室、大規模なウェビナーなど、臨場感のあるオンライン会議を開催することができます。

カスタマイズ機能が豊富にあるため、自分だけのウェビナーツールとして使い続けることができるでしょう。

料金/月

Meetings $50(約5,400円)

Webinars $130(約13,800円)

Learning $370(約39,300円)

無料体験 あり(30日間)
公式ホームページ https://www.adobe.com/jp/products/adobeconnect.html

ウェビナーツール10. LiveOn(ライブオン)

ウェビナーツール10. LiveOn(ライブオン)ライブオンの独自の技術により、音声遅延と音切れが非常に軽減されています。

海外に拠点を含む大人数の参加であっても、ストレスのないクリアなコミュニケーションを実現します。

日本語のほかにも英語と中国語に対応しており、海外と拠点を多く持つグローバル企業に便利です。

料金/月 3000円(税別)+初期費用78,000円
無料体験 あり(14日間)
公式ホームページ https://www.liveon.ne.jp/

ウェビナーツールを選ぶ際の注意点は?

ウェビナーツールを選ぶ際の注意点は?ここまで、ウェビナー配信を行っていく際に使えるツールを紹介してきました。

「いろいろなサービスがあって決められない…」「決めるポイントを教えてほしい」という方に向けて、ウェビナーツールを選ぶ際のポイントを3つ紹介します。

多人数に対応しているか

1回のセミナーで、何人までの参加者を招待することができるのか。

大規模な会社説明会やセミナーであれば、100人から1000人規模に対応するものでなければなりません。

逆に少人数にして、一人一人の参加者と深く繋がりたいという場合は「手を挙げる」「Q&A」など、参加者がアクションを起こしやすい機能があるかどうかが、判断のポイントです。

資料共有がスムーズか

共有する資料がある場合は、ファイルアップロードに対応しているウェビナーツールを選びましょう。

また画面共有をすることにより、資料を配布せずとも参加者全員に共有することが可能です。

当日になってあたふたすることがないように、資料共有の方法は事前に確認しておきましょう。

録音&録画機能の有無

セミナーの模様を録音しておけば、参加者が後から巻き戻って内容を確認したり、当日都合が合わずに参加することができなかった方にも届けることができます。

後からのキャッチアップすることができるため、ウェビナーを継続的に開催するときに役立ちます。

おわりに:オススメのウェビナーのツール10社

おわりに:オススメのウェビナーのツール10社このページでは、これからウェビナーでセミナーを行っていこうという方に向けて、おすすめのウェビナー配信ツールを10社紹介してきました。

コロナウイルスによって、「人と人とが会う」という今まで当たり前であったことすら難しくなっていきました。

そこで台頭してきたのがオンラインでのセミナー(=ウェビナー)です。

時間や場所に縛られないため、より多くのユーザーにアプローチすることができます。

皆さんもこれを機に、ウェビナーを始めてみてはいかがでしょうか。

コロナに負けるな!企業のコロナ対策に有効なオンライン配信特集

Related Articles

関連記事

資料をダウンロード
24時間受付中! お問い合わせする 資料請求 セミナー開催中