2021年02月09日

 ライバーってどんなもの?YouTuberとの違いなどもご紹介!

 ライバーってどんなもの?YouTuberとの違いなどもご紹介!

 

最近では多くのライブ配信サイトやアプリがあります。

そしてその中心にいるのがライバーです。

現代ではYouTuberは1種の職業として人気がありますが、これからはライバーも職業になるのではないかと言われています。

そんなライバーですが、何をしている人たちなのでしょうか。

また、YouTuberとは何が違うのでしょうか。

そこで今回は、ライバーとは何か、YouTuberとの違いなどについてご紹介します。

 

ライバーとは?

ライバーとは、ネット上でライブ配信アプリやサイトを用いてライブ配信を行う配信者のことを指します。

ライブ配信といってもさまざまなジャンルがあり、雑談をメインとした配信をしているライバー歌ってみた・踊ってみたを配信しているライバーゲーム配信をメインとしているライバーもいます。

ライブ配信は、それぞれの得意分野や特技を活かすことでリスナー(視聴者)を楽しませる配信を行っています。

そのため、今あるジャンルにとらわれず、アイデアによっては新たなジャンルを生み出すこともできますよ。

また、ライブ配信は誰でも始めやすく、お金を稼ぐことも可能です。

そして、その中でもトップに君臨しているライバーはライブ配信だけで生計を立てている人が多くいます。

 

ライバーとYouTuberの違い

動画に関連した作業をする点ではYouTuberという職業がありますが、ライバーとYouTuberでは似ているようで似ていない部分が存在します。

違い1:ライバーは生配信

ライバーは主にライブ配信を行います。

そして、ライブ配信はリアルタイムで行われており、何度も撮り直すことはしません。

そのため、少しでも配信でミスをしてしまうと取り返しのつかないことになる可能性があります。

しかし、リアルタイムでの動画であるため編集をすることがなく、YouTuberとは異なり編集技術を必要としません

となれば、編集技術があまりなく、本番に強い人にとってはライバーはうってつけな配信方法です。

ただし、ライブ配信だからと言ってまったく編集をしないというわけではありません。

というのも、ライブ配信中に何らかの形でテキストを入力することもあります。

また、画面分割などをする時もあります。

そういった場合は、編集やPC、ソフトの操作を覚えておくことが必要です。

ほとんどは必要ありませんが、映像を作成する側であれば、必要最低限の編集技術や操作方法を覚えておくことがおすすめです。

 

違い2:リスナーとのリアルタイムでの交流

YouTubeなどの動画投稿サイトやアプリでは、動画で伝えたいこと、投稿者が発信したいことでラグが生じてしまいます。

大切な動画や多くのリスナーに見てほしいと思う映像であれば、長く残る動画として投稿するのも良いですが、今すぐに伝えたいと思うことであればラグがあり不向きですよね。

一方で日常的な会話や時事ネタなどであれば尚更リアルタイムで伝えたいものもあります。

そういった際にライブ配信であれば、生配信であるためリアルタイムに伝えたいことをその場で伝えることができます。

そして、生配信だからこそリアルタイムでリスナーとコミュニケーションを取ることもできます。

目に見える形でコミュニケーションが取れるため、人のつながりを実感しやすいですし、初めての方でも仲間やファンを作りやすいです。

 

違い3:お金の稼ぎ方

YouTuberの場合、主な収入源は動画内などで再生される広告収入です。

そのため、多くの再生回数が必要となります。

また、一定の登録者数がいなければ収益化することができないため、稼ぐだけでも前準備が必要不可欠という訳です。

一方ライバーの場合、主な収入源は投げ銭です。

投げ銭は、ライブ配信中のみギフトやプレゼントとしてポイントを使い投げることのできるアイテムで、多くの種類があります。

そして、その投げ銭は投げれる上限が決まっていません。

ということは、リスナーや視聴回数が少なかったとしてもファンや応援してくれる人を作ることで、少人数であったとしても収益を得ることができます。

人気という部分を考えなければ、フォロワーが少なくても稼ぐことが可能です。

他にも、アプリやサイトによっては視聴回数でも収入を得ることができ、投げ銭+視聴回数で稼ぐことができるところもあります。

 

ライバーになるメリット

ライバーになるメリットとして、

  • お金が稼ぐことができる
  • 有名なメディアデビューも可能
  • 多くの人とコミュニケーションが取れる

です。

 

お金を稼ぐことができる

ライブ配信アプリやサイトでは、投げ銭でもらったギフトやプレゼントの個数などに応じて、運営側から現金に換金するができるポイントを受け取ることができます。

また、サービスによっては、投げ銭とは別に、配信時間や視聴者数に応じて追加のポイントが獲得されます。

 

有名なメディアデビューも可能

大手ライブ配信サービスであれば、イベントとしてコラボオーディションが開催されることもあります。

そして、そのオーディションに合格すると、大手芸能プロダクションに所属することができ、CDを出したり、舞台に出演などもできます

また、そういったオーディションではなくても、人気ライバー・トップライバーであればテレビ出演やポスター広告に選ばれることもあります。

 

多くの人とコミュニケーションが取れる

ライバーは、ライブ配信を行うだけ多くのリスナーの目に届くことになります。

配信ではリアルタイムでコミュニケーションをとることがで知らない内に有名人になることも可能です。

そして、人気になれば配信外である街中などでも声をかけてもらったり、プレゼントを貰ったりすることも増えます。

 

まとめ

今回は、ライバーとは?についてご紹介しました。

ライバーは、ネット上でライブ配信を行い多くのリスナーを楽しませてくれる存在です。

そして、そんなライバーは誰にでもなることは可能で、上手くいけばライバー活動で生計を立てることも可能です。

いわば1つの職業と言っても過言ではなくなってきています。

そんなライバーにあこがれを持っている方は、これを機に始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

おすすめライブ配信アプリ Pococha

Pococha(ポコチャ) ライブ配信 アプリ

Pococha(ポコチャ) ライブ配信 アプリ
開発元:DeNA Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

ふわっち

ふわっち - ライブ配信 アプリ

ふわっち – ライブ配信 アプリ
開発元:A Inc.
無料

ビゴライブ

ビゴ ライブ(BIGO LIVE) ‐ ライブ配信 アプリ

ビゴ ライブ(BIGO LIVE) ‐ ライブ配信 アプリ
開発元:BIGO TECHNOLOGY PTE. LTD.
無料

 

・ライブ配信をやってみたい!

・ライバー登録から配信までスムーズにやりたい!

ライバーエージェンシーの「サムファン」では、ライブ配信に意欲的

ライバーの方々の活動をサポートしています。

✔フリーでやるより長く続けれるサポート体制あり

✔所属ライバー限定のノウハウマニュアルあり

✔独自の振り返りレポートで、自分では気づけない改善も出来る!

ライバーになりたい方は下記LINEからご応募してみてください!

 

「サムファン!」LINE@を
友だち追加する
LINE登録 友だち追加