2021年05月03日

ラジオ配信アプリで稼ぐには?コツと収益化の仕組みを知る

ラジオ配信アプリで稼ぐには?コツと収益化の仕組みを知る

 

顔出し不要な点に注目が集まり、話題となっているラジオ配信アプリで稼ぐには、どのように取り組めばよいのでしょうか?その答えとして、ラジオ配信アプリで稼ぐためのコツや収益化の仕組みについて解説します。ラジオ配信アプリでお小遣いを稼ごうとしているユーザーに役立つヒントとなるでしょう。

顔出ししないで稼ぐラジオ配信アプリとは

顔出し不要が特徴となるラジオ配信アプリとは、ライブ配信アプリの音声配信版のことです。音声配信の特徴は、顔出し不要のためカメラ映りを気にして、身支度を整えたり、部屋を片付けたりする必要がありません。そのため気軽に配信できる点が特徴となります。

声だけ配信で稼ぐコツ

声だけの配信となるラジオ配信アプリで稼ぐためのコツを紹介しましょう。

配信アプリ内のつながりをつくる

ラジオ配信アプリ初心者の場合、まだ誰ともつながっていない状態です。そのような状況で配信していても、なかなかリスナーを獲得することはむずかしいでしょう。リスナーを獲得するには、すでに多くのリスナーを獲得しているラジオ配信に訪問することが大事です。

配信アプリ内でつながりをつくる機会にもなります。また人気のラジオ配信を聴くことにより、リスナーを増やすポイントなど参考にできる可能性もあるでしょう。

小さな収益からコツコツと

ラジオ配信アプリでの稼ぎは、いきなり大きな収益につながることはありません。すでに名の売れている著名人であれば初回の配信から大きく稼ぐこともできるでしょう。無名で経験がない場合は、小さな収益をコツコツと積み重ねていくことが大切です。

配信内容を具体的に訴求する

ラジオ配信で稼ぐには、配信内容に具体的なテーマを持つことが重要となります。たとえばギターの弾き語りであれば、「弾き語りならばこの人」とブランディングされることを目指すことが大事です。配信内容を具体的に訴求できれば、配信カテゴリに合ったリスナーを集められます。継続できれば結果的にリスナーを増やすことにつながるでしょう。

一定の配信スケジュールを設定

 ラジオ配信は、時間を決めて配信することが大事です。テレビ番組でも一般的なラジオ放送でも、一定のスケジュールで配信することで、リスナーに「いつもの時間」として認知されます。ラジオ配信の収益化が目的ならば、毎日の配信は必須です。定期的な継続が大きなポイントとなるでしょう。

視聴者のコメントには、できる限り反応する

ラジオ配信は、しぐさや顔の表情が見えないため、視聴者もコメントを投稿して、どのように反応されているか気になったり不安になります。視聴者を意識した場合は、できる限りコメントに対して大きく反応することが必要です。たとえば、トークを進めながら、コメントに対しての感想も織りまぜていく進行であれば、視聴者も参加している意識が高まります。

具体的な音声配信アプリ収益化の仕組み【Spoonの場合】

それでは、具体的なラジオ配信アプリでの稼ぐ仕組みを紹介しましょう。ここでは、ラジオ配信アプリ「Spoon」を取り上げて紹介します。

Spoon (スプーン) - ラジオ・音声ライブ配信

Spoon (スプーン) – ラジオ・音声ライブ配信
開発元:Spoon Radio
無料

 

spoonの場合の稼ぎ方は、贈られた投げ銭がおもな収益です。spoonでは、プレゼント機能として配信者にアイテムを贈れます。視聴者は、spoonアプリ内の通貨「spoon」を「1スプーン=10円」換算で購入する仕組みです。購入したspoonにより、視聴者は配信者に贈るアイテムを購入します。

配信者は、贈られたアイテムにより、報酬が決まります。具体的には、換金比率として、アイテム金額の10%~40%が配信者の報酬となります。報酬を現金化する場合、300円から換金申請できる仕組みです。

まとめ

今回は、ラジオ配信アプリで稼ぐためのコツから、具体的なラジオ配信アプリでの収益化の仕組みについて紹介してきました。コツや仕組みから判断すると、小さな収益をコツコツと積み重ねていくことが大事になります。最初は、お小遣い稼ぎ感覚ではじめることが大事です。

【ラジオ配信ができるアプリ】
spoon

Spoon (スプーン) - ラジオ・音声ライブ配信

Spoon (スプーン) – ラジオ・音声ライブ配信
開発元:Spoon Radio
無料

HAKUNA

HAKUNA(ハクナ) - ゆるコミュライブ配信アプリ

HAKUNA(ハクナ) – ゆるコミュライブ配信アプリ
開発元:MOVEFAST Company, K.K.
無料
「サムファン!」LINE@を
友だち追加する
LINE登録 友だち追加