2020年06月05日

ライブ配信で稼ぐヒント!ゲーム配信・音声配信・アプリ別に稼ぐ方法

ライブ配信で稼ぐヒント!ゲーム配信・音声配信・アプリ別に稼ぐ方法

今注目のコミュニケーションアプリとなるライブ配信。ライブ配信は趣味の域で楽しむだけが魅力ではありません。配信側となるライバーが稼げる仕組みがあるのです。

 

この記事では、ライブ配信で稼ぐためのヒントを紹介していきます。また、ライブ配信の稼ぎ方をアプリ別に特徴を紹介していきましょう。これからライバーとして「稼ぎたい」と思っている人向けの耳寄りなヒントになることを願っています。

 

ライブ配信で稼ぐ方法

「ライブ配信で稼ぐ」ためには、ライブ配信アプリに登録して「ライブを配信する人」にならなければいけません。ライブ配信する人は、「ライバー」と呼ばれます。

 

基本的に、ライバーはパソコンやスマホなどを使って、ネット経由でストリーミング動画配信をしていくわけです。ライバーの使命は、自分のライブ配信を応援してくれる多くの視聴者を増やすこととなります。

 

ライバーの稼ぎのポイントは、配信するライブストリーミングの視聴者から、「換金」できる“投げ銭”や“スタンプ”などアイテムを集めることです。

 

視聴者から集めたアイテムは、ポイント数で換算されて報酬となります。しかし、ライブ配信アプリによって、ライバルが多くなることもあるので、なるべくライバーが少なく視聴者が多いライブ配信アプリで稼ぐことがおすすめです。

 

男性でもライブ配信で稼げる

「ライブ配信って男性でも稼げるの?」という疑問もわいてくることでしょう。一見、男女別に考えたらライバーは女性のほうが安心感を持たれます。

 

しかし、結論を言ってみれば、男性でも稼げるのです。もちろん、男性全員が稼げるわけではありません。言い方を変えると、ライブ配信で稼ぐのに「男か女かは関係ない」ということです。

 

人気の高いライブ配信アプリの17ライブでは、女性に比べて少ないですが、ランキング100位以内に17名の男性ライバーが活躍しています。つまり、男女比は女性有利になるけれど、男性でもライブ配信で稼ぐことができるのです。

 

ゲーム配信アプリで稼ぐ方法

また、従来からあるオンラインゲームの実況のように、ゲームによるライブ配信で稼ぐことができます。

 

ゲームによるライブ配信アプリは、「BIGO LIVE」や「ミラティブ」など。特に「BIGO LIVE」は、登録ユーザーが3億人もいることから、視聴者の集まりやすさに期待が持てます。

 

 

稼ぎ方は、ゲームの実況放送を視聴するユーザーから、プレゼントとなる「ビーンズ」をもらうことです。集めた「ビーンズ」はドル換算により、210ビーンズで1米国ドルで換金できます。

 

3億人という登録ユーザーの規模とゲームの配信という言葉のいらないコミュニケーションによって、ゲーム配信は意外と稼ぎやすい手段となるでしょう

 

ビゴ ライブ(BIGO LIVE) ‐ ライブ配信 アプリ

ビゴ ライブ(BIGO LIVE) ‐ ライブ配信 アプリ
開発元:BIGO TECHNOLOGY PTE. LTD.
無料

 

音声配信で稼ぐ方法

ゲーム配信の場合は、ゲームをプレイすることにより視聴者から応援されて稼げる仕組みですが、逆に映像を配信しない“音声”だけで稼ぐことはできるのでしょうか

 

答えは、「稼ぐことができる」です。特に音声配信のメリットは、顔出しをしなくていいことがあげられます。

 

声だけの配信で稼ぐには

では、音声配信で稼ぐにはどうしたらよいのでしょうか?音声配信の場合、映像がない状態なので、声だけで稼ぐことになります。音声配信は、画面を見なくてもライブ配信を声で伝えていく方法です。

 

つまり、ラジオ放送を配信する「ラジオ配信」形式になります。

 

ラジオ配信で稼ごう

ラジオ配信で稼ぐことのメリットは大きいです。まず、顔出しの必要がないから、着飾らなくていいことがあげられます。また、会話をするだけなので、リスナーから見られていない分、他のことができるのです。

 

そして、ラジオ配信でも他のライブ配信と同じようにリスナーから「ギフト」をもらうことにより、稼ぐことができます。また、配信者側でなくても、音声配信に参加した人もリスナーからギフトをもらえる点は、映像によるライブ配信に無い部分になるでしょう。

そんなラジオ配信で人気沸騰中なのはハクナライブです。

ハクナライブはなんと、8割のライバーがラジオ配信者です。

 

ハクナライブで稼ぐには

ハクナライブでの稼ぎ方について解説します。ハクナライブは初心者向けのライブ配信アプリです。その理由は、音声だけのラジオ配信が多いことや、換金率が高めな点があげられます。

 

また、ハクナライブは視聴者にも参加してもらえるゲストライブ機能もあることで、コミュニケーションがとりやすいことも、稼ぎやすい理由となるでしょう。

 

HAKUNA(ハクナ) - ゆるコミュライブ配信アプリ

HAKUNA(ハクナ) – ゆるコミュライブ配信アプリ
開発元:MOVEFAST Company, K.K.
無料

 

 

Pocochaで稼ぐには

それでは、ライブ配信で稼ぐヒントをアプリ別に紹介していきましょう。まずは、Pocochaからです。

 

Pocochaで稼ぐには、若い女性からおじ様まで幅広く登録しているため、自分の属性に近いライバーなどを実際に見つけて参考にすることが必要です。

 

特に、人気ライバーの配信は見逃さないで、「どんな魅力があるから視聴者が多いのか」を実際に視聴者になってみる必要があります。また、コメントなども参考になり、他のライバーを参考にしながら継続することが大事です。

 

Pococha(ポコチャ) ライブ配信 アプリ

Pococha(ポコチャ) ライブ配信 アプリ
開発元:DeNA Co., Ltd.
無料

 

17ライブで稼ぐには

稼げるライブ配信アプリの代名詞「17ライブ」で稼ぐには、視聴者からたくさんのプレゼントをもらうことを目指します。そのためには、視聴者数やファンの数を増やしていかなければいけません

 

17ライブのライバーには、1日60分以上のライブ配信がロイヤリティにつながります。稼ぐには、一定の基準をクリアする必要があるのです。17ライブで稼ぐには、黙っていても視聴者が集まりやすい“公式ライバー”を目指すことが安定した稼ぎにつながるでしょう。

 

・出来ればフリーよりも還元される事務所に入りたい!

・ライバー登録から配信までスムーズにやりたい!

ライバーエージェンシーの「サムファン」では、ライブ配信に意欲的

ライバーの方々の活動をサポートしています。

✔フリーでやるより長く続けれるサポート体制あり

✔所属ライバー限定のノウハウマニュアルあり

✔独自の振り返りレポートで、自分では気づけない改善も出来る!

 

弊社ではライブ配信で活躍するライバーが多く所属しています!
ライバーにご興味がある方は下記LINEからお問い合わせください!

「サムファン!」LINE@を
友だち追加する
LINE登録 友だち追加